本文へスキップ

位置によってハウスメーカーも販売価格をかえてきます。

日当たり問題

南からの陽射し

分譲住宅ではどの位置がベストか/南からの陽射し

あらゆる住宅で人気なのが南向きですが、深く考えたことがなければいまいちピン とこないかもしれない表現です。 「何が南なの?どの家も南側はあるわけだけど」と不思議がる人もいそうです。 一戸建て住宅なら東側も北側も西側も、東西南北全てに向いていると考えること もできるのでそんな疑問も出てくるのでしょう。 ではどこを基準に南向きとするか、ベランダやバルコニーなど陽射しを住居内に 取り込む方向を主に基準としています。 南側には窓のない壁しかないのなら、その壁は南を向いていても南向きの住宅 であるとは言われることはありません。 日光を受け入れやすいことから人気の南向きですし、そのための設備が南側に あることがこの住宅の定義と考えればいいでしょう。 南側に玄関がある、南側にトイレがある、南側にキッチンがある、といった間取り の住宅は該当しないということです。


南向きが一番人気

なにかと人気の南向きの住宅ですが、その理由は住居内が日光のおかげで明るく なりますし暖かくもなることでしょう。 人間は本能で明るいところを好むので、生活していて楽しいのは明るい部屋です。 日陰のほうが落ち着くし好き、という人も少ないけどいるとは思われますが、 多くの主婦は日光の差し込むリビングでワイドショーを観たり週刊誌を読んで 昼下がりの時間を楽しみたいと考えています。 もちろん家事もしますので、南側にベランダがあれば洗濯物も乾かしやすいため ここでも大喜びすることになるでしょう。 寒い冬でも南向きの住宅なら暖房をフル稼働させなくても結構暖かですし、 春なんかはもう最高で毎日昼寝をしたくなってしまいます。 誰でも享受できるこれらメリットがあるため販売価格もそれだけで高めになる のですが、それでも欲しがる人が後を建たないのが南向きの住宅です。


あえて選ばない手も

人気があるということはそれだけ競争率も高いですし、支払うお金も高いし、 入手難易度も高くなるのが欠点かもしれません。 全部の分譲住宅が南向きならそうでもありませんが、たいていは一部の建物だけ 明るい住居の優良物件となるので、販売価格が安い他の物件よりも先に成約する ことが多いように言われています。 ですがこの奪い合いの競争にあえて参加せず、北向きで価格の低い物件を狙う という作戦でいく玄人もいるようです。 そこまで日光に対して貪欲にならなくてもいい、室内が暗かったら照明を使えば いいし室温が低かったらコタツに入って丸くなればいい、と対処法もあるので 無理して南向きの住宅に拘ることもないのです。 年中暖かいというのは冬は嬉しいですが夏はうれしくありません。 年間を通して考えるとそこまで優れたメリットでもないという結論に達した人は、 ハウスメーカーのつけた販売価格が安い方を選ぶこともありなのです。